株は銘柄選びが肝!チェックすべきポイントとは

株は、銘柄選びが非常に重要な役割を果たしていることは言うまでもありません。
銘柄選びに失敗してしまうと、その時点で損失が大きくなってしまいます。

株取引においては、銘柄をチェックするためのポイントとして二つのポイントを挙げることが可能です。
それは、チャートとIRの二つです。
チャートは、株価の相場をグラフ化して見やすくしたもののことを意味します。
チャートの変動を分析すれば、将来的な相場の予測を初心者でも立てることができるようになります。

IRというのは、その銘柄の情報が記載されている情報のことを言います。
これは主に、その会社から提供されている情報全般のことを意味しますので、この情報を確認すればその銘柄が将来的にどのような会社経営を目指しているのかがわかります。
IRは、上場している企業であるのならば自社のホームページ上にその情報を掲載しなくてはならないので、購入したい会社のホームページに行けばその情報を確認することが可能です。

ただ、IRに関しては投資家の方で注意すべき点も存在します。
それは、会社そのものが発表する情報であるIRには、その会社にとって不利な情報が掲載されていないことがあることです。
会社経営をしていく中で、その会社の売上や将来的な見立てを投資家に対して提供することはとても大切です。
しかし、マイナスな情報を提供すると、その情報を参考にした投資家がその会社の銘柄を購入してくれなくなる可能性が出てきます。
そのため、会社も情報の提供には慎重になる傾向があります。

実際に、株取引の世界では大手の会社であっても突然投資家に対してマイナスの情報を突き付けられることがあります。
本来ならば、そうした重大な情報はIRによって事前に投資家に提供しなくてはならないのですが、会社側の勝手な事情で判断して公開をしないケースもあります。
こうした状況下では、IRだけを頼りに株取引をすると取引の難易度が若干高くなってしまいます。

株価チャートの見方はマスターしておこう

IRだけに依存せずに株取引をするためには、チャートをマスターすることが必須になります。
チャートでチェックをするべきポイントは、その投資家の取引手法によってかなり異なる傾向があることを知っておく必要があります。
株取引では、相場をチェックして投資をするか投機をするかを判断する人が多いです。
投資と投機でチャートを分析する手法が全く異なりますので、これは株価の変動を参考にするときにも大きな影響があります。

例えば、投資をするときにはチャートの中でも長期的な株価の変動にチェックを入れる必要があります。
こうした株価の長期的な変動がどのようになっているのかは、その時の株価の変動が全体的にどのようになっているのかを指標で確認する必要があります。
こうした全体的な相場の現状のことをトレンドと言い、長期的な投資にはチャートを分析してトレンドを把握することが一番のチェックポイントになります。

一方で、短期的な投機を行う場合には、長期的なトレンドを把握しなくても短期のポイントを把握すれば十分です。
そのため、チャートを利用した分析をするときにも、現状でその銘柄の株価が売られすぎているのか、それとも買われすぎているのかを確認すれば済むようになります。
こうした投機をしている人の感情を読み取ることもチャートでは十分に可能です。

短期的な投機と長期的な投資では、チャートにとして利用される指標が異なります。
例えば、投機ではRSIなどの投機家の感情を読み取る指標を利用しますし、投資では長期的なトレンドを把握するために移動平均線という指標を利用することが多いです。
株の銘柄を選択する際には、こうした指標を利用した結果、数値上で最も安値で買える可能性がある銘柄を選択すると良いです。