株式投資以外の低リスク投資!国債と地方債

資産運用には少なからず何かしらの危険性があります。
短期間でたくさんの収益を上げたければハイリターンな取引をすればよいのですが、場合によっては資金の全額を失ってしまったり、借金を作ってしまうこともあります。
またそのような取引では長期的には損失を出す可能性が高くなります。

そこで低リスクな資産運用で利用したいのが、国債や地方債のような債権取引です。
これは国や地方自治体が発行する借金のようなものです。
株式投資の場合は会社が倒産してしまうと、株の価値はほとんどなくなってしまうこともあります。
国債や地方債の場合は会社と比較すると破たんする危険性はとても低いため、低リスクで運用したい場合に適しています。

国債や地方債の収益源は金利による利息です。
日本は超低金利の国家ですので、円を銀行に預けていてもほとんど利息が発生しません。
銀行に預けていて寝かせている資金があれば、こうした低リスクの金融商品に投資をすることによって収益を上げることができるだけでなく、寝かせている資金が動くことによって国内の経済活動などに活力を注ぐこともできます。
株式投資では単元が決められており、株を持つために必要な資金が、選んだ銘柄によっては100万円を超えるような場合もあります。
国債や地方債の場合は1万円程度の少額から投資をすることが可能なため、手を出しやすい投資商品だといえるでしょう。

債権には償還期限が決められており、期間が長いものほど金利は高くなりますので、その分利息も大きく発生するようになります。
地方債の場合は自治体によって金利が異なります。
これは資金を集めやすい自治体とそうでない自治体があり、資金を集めることに苦労をしている自治体ほど金利は高くなります。
これは他国の国債でも同じような現象が見られます。
人気のある債権はそれだけ出資者が多いため、低い金利でも資金を集めることができるのです。
低リスクなのかどうかを測る基準として金利を見るのもよいでしょう。

確認すべき国債と地方債投資のデメリット

どのような金融商品にも何かしらのデメリットがあります。
例えば株式投資の場合は取引できる時間が制限されていること、会社が破たんすると資産の全額を失ってしまう可能性があること、価格変動によって損をする可能性や、今まで配当があったものが業績不振によって無配になる可能性があることなどが挙げられます。
株式投資と比較すれば債権は低リスクの投資ですが、デメリットはないのでしょうか。

まず債権の大きなデメリットが流動性です。 個人向け国債のようなものは途中売却することも可能ですが、地方債では自治体が買い取る仕組みがないため、債権を現金にしたくなっても換金することができません。
銀行や証券会社が買い取ってくれる可能性はありますが、転売することが困難な商品は買い取り価格も安くなります。
株式投資の場合は取引が頻繁に行われているため、売却をしたくなったときにすぐに売ることも可能です。

またいくら金利が普通預金と比較して高いとは言っても、もともと1%にも満たないような低金利です。
他の投資手段と比較すると利益が少ない点もデメリットです。
資産運用が上手な人は別の金融商品で大きな収益を上げることも不可能ではありません。
特に低リスクな債権はお金を守るための手段として考えておいたほうがよいでしょう。
また、変動金利制の債権を購入した場合、将来の政策金利など金利市場の動向によっては、今よりもさらに収益が減少してしまう可能性があるというデメリットもあります。
債権でより高い収益を求めるのであれば、海外の国が発行している国債に目を向けてみるのもよいかもしれません。
中にはかなり高い金利で発行している国もあり、収益を求める資産運用として活用できるでしょう。