IPO株にリスクはあるの?

IPO銘柄と言えば株式投資を行っている人にとっては魅力的な選択肢の1つとして注目されています。
いわゆる新規上場する株式銘柄のことであり、勢いのある会社であるケースが非常に多いため上場と同時に株価を大きく上げる傾向があるという特徴を持っています。
市場注目度が高く将来性が抜群な銘柄の中には、上場と同時に数倍の株価に跳ね上がるケースも少なくありません。
このような魅力があるためIPO銘柄は株式投資を行っている投資家の中で非常に人気が高いのです。

IPO銘柄は全ての証券会社で平等に取り扱われているわけではありませんので、もしもIPO銘柄を購入したいと考えているのであれば、取り扱いのある証券会社を選んで口座開設をする必要があります。
そのような事前準備をした上でチャンスを待つと言うのが一般的な形であると言えるでしょう。
しかしながら一般の個人投資家にとってIPO銘柄のハードルはそれほど低いものではありません。
市場注目度の高い銘柄であるほど抽選の倍率が高いという傾向があるため、購入をするためには運が必要であると言えるのです。
各証券会社にが様々な仕組みでIPO銘柄をとり扱っていますので、自分なりに調べて魅力的なものを見つけると良いでしょう。

しかしながら利益を生み出す可能性が高いIPO銘柄も、リスクがないわけではありません。
主なリスクとしては上昇と同時に株価が下落する公募割れと呼ばれる状態が想定されます。
これは新規上場したにもかかわらず、その株式を欲しいと考えている人が少ないために株価の下落がすぐに始まってしまうと言う問題です。
株式投資である以上はこのようなリスクを抱えていると言うことを把握しておかなければなりません。
IPO銘柄の抽選に当たったとしても、必ず利益が生まれるとは限らないということについては最低限理解しておく必要があるでしょう。
公募割れは事前に予測することが不可能ではありません。

公募割れのリスクを避けるなら市場注目度に注目

IPO銘柄のリスクとしては公募割れが想定されます。
このようなリスクを予測するためには株式の情報についてしっかりとアンテナを張っておく必要があります。
重要なのは市場注目度です。 新規上場の株式であれば無条件に価値が上がると考えるのは非常にリスクの高い考え方です。
公募割れするのにはそれなりの理由があるからで、その理由は市場注目度の内容から推測することができると考えられています。

IPO銘柄の中に高度な成長が期待しにくい分野の銘柄があったとして、そのようなIPO銘柄は市場注目度が高いとは言えません。
理由としては大きく成長することが期待できる分野では無いからです。
そのように考えられる銘柄である場合には公募割れのリスクというものがあると言えるでしょう。
このようなリスクを感じとったのであれば、あえて購入することなく受け流すと言うことも選択肢の1つとなります。
当選率が高いと言う事は市場注目度の低さと関連していると言う考え方をした方が良い場合もあるのです。

しながら最終的に公募割れするかどうかは市場によって決まるものですので、正確な予測をすることが必ずしもできるわけではありません。
予測に反して市場注目度が急速に高まり大きな利益を生み出すこともありますし、特に高い市場注目度があったにも関わらず、実際に上場してした後は急速に注目を失ってしまい株価が下落するケースも過去には何度も発生しています。
これらの値動きについて自分なりの予測をしっかりと立てた上でIPO銘柄に手を出すべきであると言えるでしょう。
公募割れのリスクは常に存在しているものであり、自己責任で取り組む必要があります。
この点においてはIPO銘柄も通常の株取引と同じです。