IPO株の当選確率を上げる方法

IPO株のための複数の証券会社IPO株の抽選で当選する確率を上げるには、工夫すべきポイントがいくつか存在します。
簡単なポイントを守るだけでも確率は高められるので、事前にできる事を全て済ませて抽選に申し込んでいくと良いでしょう。

例えば、複数の証券会社の口座を開設するのは簡単に当選確率を上げる方法になります。
証券会社は1つに絞る必要はないので、主幹事になる事が多い会社や、IPO株の取り扱い数が多い会社を中心に選んで口座を開設していくと良いでしょう。
主幹事になる事の多い証券会社を選択すると、より当選確率を上げやすくなります。

同じ証券会社でも、家族と一緒に口座を開設してIPO株の抽選に申し込む方法があります。
3人家族であれば1つの証券会社でIPO株の抽選に申し込む事で、1度に3回分のチャンスがあるでしょう。
3つの証券会社なら9回になるので、1人でIPO株の抽選に申し込むよりも6回分も多くのチャンスが得られます。
家族の同意と協力が得られれば、当選確率をかなり上げやすくなります。

資産規模が大きい場合は、口座に入金した資産額で当選確率が高まるシステムを利用するのも有効です。
IPO株の抽選方法は様々ですが、利用条件によって有利なシステムを選ぶ事でIPO株の当選確率が高まる事になります。
利用状況によって当選確率が上がる仕組みもあるので、事前にIPO株の抽選の条件を調べておくと良いでしょう。
利用者の判断で、抽選に当たりやすくなるシステムを利用するのもおすすめです。
狙い目のIPO株が登場した時、当選確率を高める当選確率が高まりやすい方法になります。
必要に応じて活用する事で、単純に数や運に頼って抽選に申し込み続けるよりも狙った銘柄に当選しやすくなるでしょう。

これらのように、IPO株の抽選で当選する確率は工夫次第で上がりやすくなります。
事前の準備次第で抽選はより有利になりますから、自分の環境で利用できる有効な方法を1つでも多く利用しておきましょう。

抽選を採用している証券会社を選ぶ

IPO株を考える上で、必要不可欠になるのが入手方法です。
IPO株の数は限られているので、当選しやすい抽選を採用している証券会社を選ぶのが大切になります。

抽選は大きく分けて全ての申し込みを平等な条件で扱う方法と、特定の条件がある方を有利にしている方法との2つがあります。
平等な条件で扱う抽選は、投資環境に関係無く平等な結果が得られるでしょう。
一見、メリットが多いように見えますが、投資環境によっては特定の条件がある方が当選の確率は上がります。
例えば、投資環境としてある程度の資産がある場合は、運用金額の大きい方が当選しやすいシステムを利用すると良いでしょう。
限りあるIPO株の中から、優先的に割り当てされやすくなります。
少しでも有利に立てる条件があるなら、積極的に利用していきましょう。

利用者の判断で当選確率を高められるシステムが利用できるなら、注目の集まっている初値の高騰が期待できる銘柄で利用するべきです。
同じ証券会社の同じ銘柄への申し込みでも、IPO株をより入手しやすくなります。
限られたチャンスを有効活用する為に、こまめな情報収集と分析評価が必須になります。

この他にも、主幹事になる事が多い証券会社に注目するのも重要です。
主幹事になる証券会社は他の会社よりも割り当て数が多いので、利用者としてはチャンスがより多くなる事を意味します。
主幹事になる事の多い企業を選びつつ、抽選を有利に運べる方法をできるだけ多く使い、システムを上手く活用しておきましょう。

IPO株は運の要素が大きな形になっていますが、運を活かす方法は利用者の手で行う事ができます。
利用しやすい証券会社を1つでも多く選び、良好な結果を得やすくなるように工夫をしましょう。