IPO株の購入方法とは

口座IPO株、いわゆる新規公開株といわれる株式で、今まで上場していなかった企業が、初めて証券取引所に上場した際に発売される株式をいいます。
IPO株が人気になっている原因は、IPO株を買えば、かなりの高い確率で購入した額より値上がりするからです。
では、IPO株を購入する方法は、どうすればいいのでしょう。

通常の株を買う場合と同様に、まずは証券会社に口座を開設しておくことが必要です。
口座開設には、結構時間がかかるので、出来るだけ早い段階で開設しておきましょう。
しかし、IPO株は、どこの証券会社からでも買えるわけではありません。
発行された新株は、証券会社ごとに割り当てられるのですが、割り当てのない証券会社も出てきます。
IPO株を必ず購入しようと考えるなら、できるだけ複数の証券会社の口座を開設しておくことをおすすめします。

購入の方法としては、ブックビルディング方式といわれる方式が主流です。
このブックビルディング方式では、まず、上場が承認された企業の株価の仮条件が設定されるので、その条件にそって、自分が一株いくらの値段でどれだけの株数購入するかを証券会社に提示します。
その状況により公募株価が設定され、その後、応募した人の中から当選者が決まります。

当選が決まれば、いよいよ購入することになりますが、インターネット申込みなどの場合、「購入」と「辞退」の選択ができ、万が一購入を取りやめたい時は、辞退できます。
ただ、期間内に「購入」の手続きを忘れていた場合には、自動的に「辞退」の手続きが取られるので、注意しましょう。
IPO株を買うことによって、何らかの費用が発生することはありません。
つまり買い付けの際の売買手数料がかからないのです。
ただし、IPO株は、公開された後の値動きにかなり激しい変動が起こりうるので、買った後も放っておかず、日々の株価の変動には、しっかりと注意を払い、適当なところで売り抜けるのが賢い方法だといえます。

ブックビルディング方式について知っておく

ブックビルディング方式とは、新株発行の時、仮条件を設定して投資家に提示し、「その値段なら、どれだけ買いたいか」という投資家の意向を新株の価格決定に反映させる方法です。
そのことから、「需要積み上げ方式」とも言われています。

具体的には、幹事となる証券会社が公募価格を設定するために機関投資家や銀行などの意見を基にブックビルディングを行う価格帯を決定します。
これが仮条件の決定です。
その後、IPO株のブックビルディングの詳細が一般の投資家など幅広く発表され、一般投資家は、その条件にそって、購入価格と株式数を取扱い証券会社に申し込みます。

通常、ブックビルディングは、企業の上場予定日の9~14日前に実施され、期間は5日程度です。
この期間が終了すれば、投資家から出された希望価格と株式数を考慮して、証券会社が公募価格を決定します。

その後、証券会社が、割り当て株を投資家に振り分けるのですが、株式数より購入希望者の数が多い場合は、抽選ということになります。
IPO株を買う場合、この抽選に当選しなければ、いくらほしくても買うことができません。
当選確率を高くするためには、より多くの取扱い証券会社に申し込みをしておくことが必要です。
大手証券の場合、優良顧客への当選確率が高いようですが、ネット証券などの場合は、コンピュータなどで抽選するため確率は平等といえます。
めでたく当選した後は、そのIPO株を購入するのかどうかの意思表示をし、買う場合は、必要な資金を証券会社が指定する期日までに払い込む必要があります。

この流れがブックビルディング方式といわれる取引の方法で、ここまでの作業が、IPO株の上場予定日の5~6日前に行われるのです。
その後は、上場の日を待って、売買利益が上がることを楽しみにするだけです。